花びら



今日
桜の花びらが
ぬかるんだ地べたの上で
死んでいるのを見ました


薄桃色が青ざめて
時折 風に揺すられて




埋葬をしようにも
おびただしい花びらの数に
なすすべもありません


母樹の祈りに見送られ
花びら達はあどけなく
天に召されてゆきました
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-09 19:48 | 春のうた
まちぼうけ



春の雨

かすみに染まる 桜木の
白くふるえて 
まちぼうけ
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-08 10:37 | 春のうた



ひらり
ひらり
花びらが

風に抱かれて
宙を舞う



薄桃色の
ため息が

空に吸われて
遠くなる





桜よさくら
散る桜

可憐な命の
その名残り

踏まないように
歩きましょう




足下見ながら
そろそろと

こころでそっと
手を
合わせ
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-07 18:36 | 春のうた
欠けた空



欠けた空が
ここに来て

気にしなさんなと
肩たたく



欠けた心が
空に行き

少しの間と
寄り掛かる
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-06 11:58 | やさしいうた
名前



空に名前をつける
雲に名前をつける
昨日にも
明日にも
希望にも
悲しみにも

それぞれの
名前をつけてみる



それぐらいはできる




できるのはそれぐらい
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-06 11:53 | やさしいうた



スキップを
覚えたて
おかっぱが
ふわり揺れ

そよ風を
連れてきた
あの子春
まだ蕾

b0127470_411276.jpg

あどけない
目をしてて
笑うとね 
良いにおい

そよ風に
守られて
あの子春
甘えんぼ
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-06 03:59 | 春のうた
詩人




少しずつ切り取ってゆく

魂の古びたところから
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-05 13:43 | やさしいうた
ねがい



君の願いが 叶うのならば
僕は小さな 星になろう


君が夜空を 見上げるたびに
流星になって 弧を描く
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-05 13:40 | 恋のうた
さようなら




貝殻を
海に投げ

この恋を
終わらせよう




海の底ではその貝が
さかなのおうちになるでしょう


こどもも産まれてにぎやかな
楽しいおうちに
なりますように
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-04 12:37 | 恋のうた
春よ



変わりたい空
変わりたい街
変わりたい草や木や蕾や
変わりたい私たち



お願い
力を
貸してください
[PR]
# by emorisora2 | 2008-04-04 12:29 | 春のうた


カテゴリ
春のうた
夏のうた
秋のうた
冬のうた
やさしいうた
恋のうた
以前の記事
2008年 04月
2008年 03月
フォロー中のブログ
about me
そら。

sozai
キワモノさま
まったりほんぽさま
fururucaさま


詩の検索・交流
詩極さま


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧